暮らしの。

暮らしの。は、親の「病気・介護・葬儀」にまつわるテーマ、それに関わる「お金や節約」のブログです。

menu

プロフィール - 運営者の紹介

この記事をシェアする

プロフィール

はじめまして。TORUです。横浜でWebの仕事(自営業者)をしています。生まれも育ちも横浜ですが、亡き両親の故郷であり、古くからゆかりの深い場所は岩手県一関市です。

日常の暮らし

自宅で仕事をしながら、妻とデグーとの暮らしを楽しんでいます。休みの日はお酒を飲んだり、ペットのデグーと遊んだりしています。サッカーやフットサルが好きです。フットサルは怪我をして引退しました。運営者は頭痛持ち&メニエール病です。

SNSでの活動場所

Instagram、Twitter、LINEがメインです。InstagramとTwitterは、複数のアカウントで滞在しています。私っぽい人を見かけたら気軽にお声掛けください。基本的にTORUの名前で登録しています。暮らしの。ブログのtwitterアカウントはこちらです。

健康上の理由で会社員から個人事業主へ

大学卒業後、紙媒体の広告営業をした後にインターネット業界に転職し、Webのマーケティングに携わっていました。複数のベンチャー企業で働きましたが、32歳でメニエール病となり、会社員を続けることができなくなってしまいました。

メニエール病とは、めまい、難聴、耳鳴り、耳閉感が同時に起こってしまう難病指定されている病気です。電車の揺れですら気持ち悪くなってしまい、通勤自体が難しい状況でした。すぐに治ると思いましたが、回復することなく当時の仕事を退職しました。

メニエール病は現在も完治していません。だいぶ良くなりましたが、ストレスがきっかけで再発することがあります。かなりの頭痛持ちでもあるため、毎日穏やかな生活を送ることを心掛けています。

まだまだ会社員として仕事をしていたかったのですが、私の会社員生活はあっけなく終わりました。個人事業主になった現在は、インターネットの集客やWebサイトの運営をしています。

両親の死と借金について

私の人生に大きな影響を与え、「暮らしの。」というブログをはじめるきっかけになった「両親の死」ついて触れておきます。私は2015年6月に父親を、2017年1月に母親を亡くしました。両親ともガンでした。

そして、父が亡くなる数ヵ月前に「借金が8000万」あることが発覚し、父の介護と合わせて借金問題に対応していく形となりました。相続放棄すれば問題ないと思っていましたが、母も連帯保証人となっていたので、相続を放棄しても母側の借金はそのまま残りました。

父の借金(5000万)、母の借金(3000万)・・・この額を見たときに眩暈がしたのを覚えています。ちなみに、この借金は父が自営業したときのものです。この件でメニエール病が再発し、おまけに狭心症の疑いまで出て、私は救急車で運ばれてしまいました。

その後、一人で対応するのにも限界を感じ、金融機関とのやりとりを弁護士に依頼しました。紆余曲折ありましたが、借金を3000万 ⇒ 1000万まで減額できたので、一括で支払うことにしました。

こうして2016年9月に借金問題から開放されたのですが、母はこの後すぐに、この世を去りました。借金問題を解決して気が抜けたのかもしれません。2016年12月26日に入院してから一ヵ月も経たないうちに逝ってしまい、私は37歳で両親ともに亡くしてしまいました。

これから

両親が亡くなって数年が経ちましたが、今後は自分の仕事を通して「両親が暮らした神奈川県横浜市~、故郷である岩手県一関市~」に恩返しすることをやっていきたいと思っています。病気持ちな身体ですが、地域に密着しながらWebの仕事を続けていきます。